おすすめのテーマ株の見つけ方などご紹介します

2021年の干支銘柄【牛】

牛
2020年から2021年へ年が変わる時、干支も変わりますよね。
株式市場では、新年の干支に関連した銘柄が人気を集める傾向があり、2021年は丑年なので、牛に関連する銘柄が注目されると言われているのです。
この干支銘柄を考慮して投資をすることで利益を上げることも可能でしょう。
記事では干支銘柄とは何なのか、また、2021年の干支である牛にちなんだ銘柄の具体例などについて解説します。

2021年の干支銘柄は【牛】

株式投資家は理論的な思考によって株取引を行っていると思われがちですが、ゲン担ぎをすることもあります。
その一つが干支銘柄への投資です。
毎年、年末から新年にかけて新しく迎える年の干支にちなんだ銘柄が広く買われます。
2021年の干支は丑であることから、牛肉を扱う食品業界や外食業界、牧場を経営する企業、乳製品を販売する会社などが物色されるのです。
ただし、あくまでもゲン担ぎとして取引されるものなので、値動きの安定している銘柄を短期的に保有するに留まっています。

丑年は我慢の年

干支銘柄にはそれぞれ意味が込められています。
例えば子年は株価が上がりやすいと考えられたり、申年には株式市場が不安定になると言われたりします。
2021年の丑年はつまずく年だと言われており、年の後半で株価が下落すると予想されているのです。
その一方で、丑年は我慢の年だとも言われています。
そのため、一時的に株価が低迷する時期があったとしても、じっと耐えていればやがて状況は改善すると期待されているのです。

2021年丑年の干支銘柄の例

2021年の干支銘柄として注目を集める銘柄を紹介します。
まず、牛といえば牛丼屋を連想する人が多く、具体的には牛丼チェーンである吉野家を経営する吉野家ホールディングスやすき家を経営するゼンショーホールディングス、東京チカラめしや焼き肉万里を経営する三光マーケティングフーズなどが該当します。
他には、牛乳や乳製品を幅広く扱う森永乳業や明治ホールディングスにも注目が集まると予想できます。
また、ウシオ電機やドウシシャといった社名に「ウシ」が含まれた銘柄も干支銘柄として取引されがちです。

干支銘柄を探すには

干支銘柄を効率的に探すには、有益な情報を得なければなりません。
株マイスターは日本の株式投資を専門に扱う情報サイトで、専門家による鋭い視点によって役立つ情報が厳選されています。
干支銘柄を選ぶ際の情報収集をする際は株マイスターの利用がおすすめです。

干支銘柄はゲン担ぎ

干支銘柄は、連想ゲームやダジャレのように自由な発想から取引される銘柄のことで、主に年末年始にかけて、新年の干支にちなんだ銘柄を取り扱います。
あくまでもゲン担ぎ、縁起担ぎの一環として物色される傾向が強く、短期的に安定した銘柄へ投資するスタイルが一般的です。
ただし、毎年高い確率で干支銘柄は売買されるため、該当銘柄の動きはチェックしておくと良いでしょう。

関連記事
電気自動車
今が旬!EVのテーマ株

近年ではEV(電気自動車)のテーマ株は注目すべき状況があるとよく言われています。 投資顧問会社として知られる株マイスターでもEV関連株

記事を読む